WiMAX2+を導入しよう

今現在使用しているWi-Fi 環境としてWiMAX を使いの方は速度が遅いと感じることもあるでしょう。お仕事などにおいて不便さを感じるのであれば、WiMAX 2+の申し込みをしてみると良いです。WiMAX 2+はこれまでのWiMAX に比べ速度がスピーディになっており、操作方法も非常に簡単です。ポケットタイプの端末になっていることや対応エリアが次々と拡大していることなども、大きな魅力といえるでしょう。

 

当然ですが工事などを特に行う必要はなく、届いた初日から使用することができます。WiMAX 2+は高速モバイルインターネットとなっており、3日間で3GB以上の利用があると制限はかかるものの、データ通信量を3GB未満に調整すれは翌日13時以降に解除されるので、1ヶ月中での7GB という制限がありません。そのため、余裕をもってインターネット通信を使用することができるでしょう。音楽をダウンロードする、または動画を視聴するということの多い方はWiMAX 2+がおすすめといえます。

 

今現在お使いのWi-Fi 環境ではすぐに制限がかかってしまい思うように動画の視聴ができないというケースや、ファイルの送受信ができないというケースでもWiMAX 2+に変更することで通信環境そのものが非常によくなります。扱っている会社によって端末のカラーが選べるケースとそうではないケースがありますので、どうしてもカラーを選びたい場合には対応する会社で契約をすると良いでしょう。またその他の通信サービスと抱き合わせで契約ができる会社もあります。

Wi-Fiが入りやすい位置を探す

WiMAXを使用していて、電波が入りにくいということや速度が遅くなったという状況になってしまった時には以下のような対処法を試してみましょう。まずWi-Fi が入りやすい位置を探してみるというのが1番になります。WiMAX は小さな端末ですので、近くに障害物がある場合や、置く場所が少し違ってしまうだけで電波が入りにくい状況となってしまいます。電波が入りにくければ当然ですが速度が遅くなってしまいますので、普段最も速い速度で電波が飛んでいる位置を探すと良いでしょう。端末の目の前に家電やペットボトルなどといった障害物があると、それだけでも速度が遅くなります。できるだけ窓際の高い場所に置く方が良いでしょう。

床などに直接置いてしまうと電波が入りにくいといった特徴を持っています。Wi-Fi が入りやすい位置を探すことによってスピーディになり、通信をする上でも不便に感じることが少なくなります。また、ポケットWi-Fiの端末などをカバンに入れてしまうのも良い事ではありません。汚れてしまうことを防ぐためにカバーを使うと電波が遮られてしまうのです。そのため裸の状態で、前述の通りできるだけ窓際そして高い場所に置きましょう。

また、自作パラボラアンテナを作ることでWiMAXの速度が上がることもあります。金属製のボウルなどを使って簡単に作れるので、試してみるのもいいでしょう。

WiMAXは基本的に早い

WiMAX の契約を結んでいて、さまざまな通信をしていると急に速度が遅くなってしまうようなこともあります。WiMAX は基本的に通信速度が非常に速いということが大きなメリットになっており人気もありますが、なぜ速度が遅くなってしまうことがあるのでしょうか?また速度が遅くなってしまった時には、どのような対処方法をとればよいのかを事前に知ると良いです。

 

Wi-Fi の電波というのはお天気やその他の電波障害などによって、トラブルが生じてしまうこともあります。また不安定になってしまうことも多いので、Wi-Fi が入りやすい位置を探すというが1番です。また、WiMAX にはWiMAX 2+というものがあり、こちらを導入することによって、今まで以上に速度が速くなります。さらには不安定な状態を回避することができるので、安定した通信状態の中で作業をすることができるでしょう。

 

お仕事の大切なファイルなどをやり取りしている際にWi-Fi 環境が不安定になるのは非常に困ります。前述の通り、WiMAX は基本的に早いですが遅くなってしまった時には速度制限がかかっているのではないか、ということも考えてみましょう。特にポケットタイプの端末をお持ちの方は設置場所によって通信環境が不安定になることもあります。必ずしも電波が最も強い状況で飛んでいるとは限りませんので、様々な状況に応じて対処法もそれぞれで考えていきましょう。